お宝求めて来る日も来る日も


by ix9uddfgdy
 電子ブック「キンドル」の動向に注目が集まるなか、キンドルの米国でのベストセラーランキングが話題になっている。上位にランクインしている多くの本の値段は「$0.00」。つまり無料だということだ。米国では「本の内容をウェブ上で公開した方が、紙媒体の売り上げも増加する」という研究結果もあり、キンドルが一種の「販促ツール」として利用されているらしい。

 アマゾンが発売したキンドルは新聞や書籍をネットワーク経由でダウンロードする仕組みで、「価格を2.99〜9.99ドルの間に設定し、紙の書籍の最安値より2割引以上にする」といった条件を満たした場合には「印税7割」という異例の制度が話題を呼んだ。

■1位から6位まで「$0.00」

 ここに来て注目を集めているのが、アマゾンサイト内で公表されている、キンドルのベストセラーランキングだ。ベスト25のうち、13冊の値段が「$0.00」なのだ。この「0ドル書籍」が、実に1位から6位までを占拠している。

 だが、決して「タダで本を配ることに意味がない」ということではないようなのだ。

 米ユタ中のブリガムヤング大学の研究者2人が2010年冬に発表した論文によると、「電子書籍を永久的に無料公開することと、紙媒体の売り上げが短期間上昇することには、中程度の相関関係が見られる」のだという。

 論文では、PDFなどで全文を無料で公開した書籍41冊を対象に、電子媒体を公開する前の8週間と公開後の8週間について、紙媒体の売り上げを調査。電子媒体公開後には、ノンフィクションの紙媒体の売り上げが5%、フィクション(小説)は26%も伸びた。一方、ダウンロードできる期間を1週間に限定したり、ダウンロードの時に登録を求めたりした本については、紙媒体の売り上げが減少した。

■「シリーズもの」の1冊目を無料公開?

 論文では、

  「『無料版が出ると、紙媒体に支出ずる人が少なくなる』と主張する人にとっても、『フリーアクセスは売り上げに害を及ぼさない』と指摘する人にとっても、今回の結果は驚くべきものかもしれない」

とした上で、今後のビジネスモデルについての展望を示してもいる。

  「『フリー』から収益を上げるには多くの方法がある。電子媒体の売り上げを伸ばすことも、さらなる動機かもしれない。例えば、キンドルで『シリーズもの』の1冊目を無料公開すれば、2冊目、3冊目の売り上げが大幅に伸びるかもしれない」

 確かに、今回ランクインしている「0ドル書籍」の多くには、「Book 1」や「#1」といった表記があり、シリーズものであることが分かる。論文では「アマゾンはキンドル書籍の売り上げを公開しないので、これが実際に起こるかどうかは分からない」としているものの、論文が指摘しているように、「0ドル書籍」が2冊目以降を購入するための「呼び水」になっている可能性もありそうだ。


■関連記事
キンドル「印税70%」の衝撃 不況の出版界には大脅威 : 2010/01/22
電子ブック「キンドル」日本上陸  日本語ソフト発売ならブーム? : 2009/10/26
大手出版社がキンドル接近? 電子出版フィーバー始まる : 2010/03/05
「沢尻エリカは上から目線」 「でもあれだけキレイだとやむなし」 : 2010/03/17
ロイホ、500円でパンケーキ食べ放題! : 2010/03/08

都の「2次元児童ポルノ」規制条例案が全会一致で継続審議(産経新聞)
民主党の介護議連が31日に発足(医療介護CBニュース)
G8財務相会合、見送りへ=G20の存在感強まる(時事通信)
都の高齢者、「支えられる」から「社会を活性化」へ―協議会が最終報告(医療介護CBニュース)
牛丼店強盗事件に店員が便乗、1万円盗む(読売新聞)
[PR]
# by ix9uddfgdy | 2010-03-24 23:16
 日本画家・東山魁夷らの贋作(がんさく)を製作したとして詐欺ほう助罪に問われた福井市春日、デザイン会社経営、林敏明被告(65)の判決公判が16日、岡山地裁倉敷支部であり、篠原康治裁判官は「『“本物として売らない”との話を信じた』という被告の供述には、一定の合理性がある」と述べ、林被告に無罪(求刑懲役2年)を言い渡した。

 判決などによると、林被告は京都市南区吉祥院御池町、古物商、西尾生一被告(71)=詐欺罪で1審・懲役4年6月=に依頼され、07、08年に東山魁夷の「緑響く」、加山又造の「月朧(つきおぼろ)」など計4点の贋作を製作。真作として岡山県井原市の会社役員に計1億2800万円で販売された。林被告は本物と偽って売却される可能性を認識していたとして、詐欺ほう助罪で起訴されていた。【井上元宏】

【関連ニュース】
北九州・発砲:工藤会会長宅を捜索
融資金詐欺:コシ社長に実刑 東京地裁判決
神奈川歯科大:補助金75%減額 巨額投資巡る詐欺事件で
雑記帳:愛媛県警が着うた 振り込め詐欺「騙されん音頭」
公金横領:詐取2000万円か 元学校職員再逮捕 名古屋

<東京地検>弁護士と元妻を8億円脱税で起訴(毎日新聞)
<全日空>B787の整備士養成訓練公開 今秋納入の新型機(毎日新聞)
治験・臨床研究の活性化に向けてセミナー開催―製薬協(医療介護CBニュース)
デイサービス運営に地域密着と効率化の視点―在宅協東京支部がセミナー(医療介護CBニュース)
政府・民主、首脳会議定例化を確認(読売新聞)
[PR]
# by ix9uddfgdy | 2010-03-20 17:01
 大相撲の八百長疑惑を報じた週刊現代の記事で名誉を傷付けられたとして、日本相撲協会と北の湖前理事長が発行元の講談社や筆者らに1億1000万円の賠償などを求めた訴訟の控訴審判決で、東京高裁は17日、1審に続いて講談社側の賠償責任を認め、賠償命令額を1540万円から440万円に大幅減額した。藤村啓裁判長は「名誉棄損の慰謝料は著名人であるかどうかで左右されるべきでない。1審の認定額は高すぎる」と述べた。

 同誌07年3月10日号は、元横綱の前理事長が75年春場所千秋楽で元大関貴ノ花(故二子山親方)と八百長相撲をしたなどと報じた。高裁は1審に続き、記事取り消し広告の掲載も命じた。

 高裁は「記事が真実であることの証明がない」として名誉棄損を認定。前理事長への賠償額について「地位や収入に現実の損害が生じているとは認められず、精神的苦痛に対する慰謝料のみを認めるべきだ」として330万円と算定した。協会についても「興行実績悪化などの実害はなく、記事に対する対応や力士への調査などで不利益を受けたに過ぎない」と判断し、賠償額は110万円とした。

 09年3月の東京地裁判決は、前理事長が最高位の横綱を長期間務めた点や協会の損害などを考慮していた。【伊藤一郎】

 ◇東京高裁が異例の判断

 著名人による名誉棄損訴訟で高額な賠償を命じる司法判断が目立つ中、東京高裁の「知名度によって慰謝料額に差をつけるべきではない」とする判断は異例だ。

 楽天の三木谷浩史会長が新潮社などを提訴した訴訟では、東京地裁が09年1月、「社会的評価を相当低下させた」として990万円の賠償を命令。八百長疑惑報道を巡って元横綱・朝青龍関らが講談社を訴えた訴訟では、東京地裁が09年3月に計4290万円の賠償を命じ、東京高裁も同12月に「著名な力士とはいえ、1審の賠償額は高すぎる」としたものの賠償額を計3960万円とした。

 名誉棄損訴訟に詳しい梓澤(あずさわ)和幸弁護士は「従来の判例では、政治家や芸能人に対する慰謝料を高く認定する傾向がある。一般市民が著名人並みの慰謝料を認定された例は極めて少ない」と分析。そのうえで「人間は知名度の有無で差別されてはならず、賠償額に差をつけるべきではないだろう」と話している。【伊藤一郎】

【関連ニュース】
名誉棄損:ネット上「深刻な被害ある」最高裁初判断
職員の名誉棄損:教育心理学会の元理事長ら敗訴 東京地裁
医療事故書籍:集英社と毎日新聞記者 賠償命令判決確定
ネット名誉棄損:ネット上も要件同じ 「深刻な被害ある」−−最高裁初判断
名誉棄損訴訟:教育心理学会の元理事長ら敗訴

予算特委出席も拒否=鹿児島・阿久根市長(時事通信)
<自己破産>北海道のタツル総業 故中川氏親子の後援会幹部(毎日新聞)
乳幼児殺傷、懲役22年確定へ=犯行時心神耗弱−最高裁(時事通信)
京大、授業料免除5300人に拡大 独自予算「安心し勉強を」(産経新聞)
大阪大空襲65年 通天閣で犠牲者追悼のコンサート(毎日新聞)
[PR]
# by ix9uddfgdy | 2010-03-18 19:34
 造幣局は16日、坂本龍馬を図柄にした1000円銀貨を5月下旬に発行すると発表した。地方自治法施行60年を記念し、都道府県ごとの硬貨を08年から発行。今回はNHK大河ドラマの主人公でもある龍馬のふるさとの高知県だ。

 計10万枚を通信販売する。模様を浮き出させる特殊技術を使用し、販売価格は1枚6000円だが、注文は殺到しそうだ。

 日本の夜明けを夢見た龍馬。政権交代を果たしても、支持率低下や財政難に苦しむ現政権を見たら、「今一度、日本を洗濯致したく候」と思うかも。問い合わせは造幣局(050・5548・8686)。【寺田剛】

高齢患者骨折「一晩で2人とも」元看護師が供述(読売新聞)
絶縁体 電気信号伝達 夢の「8割省エネ」(毎日新聞)
<日米密約>自民、歴代政権を擁護 麻生氏「承知してない」(毎日新聞)
国分寺の男性変死体、別の場所で殺害か(読売新聞)
<地下鉄サリン>15年でつどい 元警察庁長官「反省多い」(毎日新聞)
[PR]
# by ix9uddfgdy | 2010-03-17 04:58
 11日に開かれた自民党の安心社会研究会(与謝野馨会長)の初会合で、副会長の尾辻秀久参院議員会長が、講師として招いた吉川洋・東大大学院教授に罵声(ばせい)を浴びせる一幕があった。

 尾辻氏は、会場に入るなり、吉川氏を見つけると「何であんたが来るんだ」「いい加減にしろ」などと一方的に怒鳴り散らし、与謝野氏の説得を振り切って開会直前に退出した。

 吉川氏は小泉内閣の経済財政諮問会議のメンバーで当時、社会保障費の毎年2200億円の抑制をとりまとめた。

 尾辻氏は厚生労働相経験者として社会保障費抑制に反対してきた経緯から、主張が相いれない吉川氏を研究会に招いたことに、怒りを爆発させたとみられる。

【関連記事】
民主が「議員政策研究会」 政調復活要求への苦肉の策 くすぶる反発 
「舛添首相」期待感断トツ! 凋落自民希望の星
やにわに活気づく自民勉強会、党再生は後回し?
自民で「派閥の衰退」が顕著に 代わって「勉強会」が花盛り
舛添、塩崎氏らが「成長重視」の勉強会発足へ
20年後、日本はありますか?

国保65歳以上全員加入なら公費1・2兆円増(読売新聞)
皇太子さま、ガーナの露天市場に(時事通信)
オノで妻の頭を…八王子の67歳、殺人容疑で逮捕(産経新聞)
民主が政策研設置へ(産経新聞)
<火災>静岡・三島の老人ホーム、焼け跡から1遺体(毎日新聞)
[PR]
# by ix9uddfgdy | 2010-03-13 03:46